success-938346_1280

中学生がブログを5万PVまでアクセスアップさせるために施したSEO対策

先日、このブログの1ヶ月間のページビュー(PV)が50000を超えていることに気がついた、よくできる?学生《@yokudekiru》です。

2016年2月のPV

2016年2月のPV

私がこの「学生による学生のためのページ」を運営していく中で、月間50000PVはひとつの大きな目標だったので、達成できたのはとても嬉しいことです。
たった50000PVですけど、ブログ運営について何も知らなかった中学生が1年足らずで50000PVを達成したのは結構すごいことだと思います。

ここまで、私なりにいろいろと勉強して、アクセスを増やすためには様々な努力や工夫をしてきました。その中でも、1番頑張ったのがSEO対策です。

この記事では「なぜ、アクセスアップにはSEO対策が必要なのか」から「具体的なSEO対策」まで段階を追って解説します。

アクセスアップのためのSEO対策

なぜアクセスアップにはSEO対策が必要なのか

私はアクセスアップにはさまざまな方法がありますが、1番重要なのはSEO対策だと思っています。
なぜなら、SEO対策を行うことは、安定した多くのアクセスが得るための一番の方法だからです。

SEO対策とは何か

SEO対策の重要性を紹介する前に一応SEO対策について簡単に説明します。

SEO対策とは、YahooやGoogleで検索をしているユーザーに向け、ページを最適化し検索結果で多く露出をすることでアクセスを集める一連の流れのことを指します。

出典:SEO対策とは〜初心者でも分かるSEO対策の基礎〜|ferret [フェレット]

つまり、SEO対策を行うことでYahooやGoogleといった検索エンジンの検索結果に表示されやすくなるということです。

検索結果に表示されることの重要性

私のサイトの場合、アクセスの8割以上がGoogleやYahooの検索結果からです。もちろん私のサイトの検索結果からのアクセスが特別多いわけでもなく、ごく一般的な数値だと思います。

アクセスの8割以上が検索結果から

8割以上が検索結果からのアクセス

検索結果以外では、ブックマークなどからのアクセスや、他サイトからのアクセスや、ツイッターやフェイスブックなどのSNSからのアクセスなどがあります。
ただ、それらからのアクセスは少ないですし、特にSNSからのアクセスは一時的なものが多く、安定していません。

よって、それに比べて安定していて大きなアクセスが得られる検索結果からのアクセスはとても重要だといえます。

検索結果に表示されるにはSEO対策が必要

例えば、全く同じ内容の記事があったするならば、SEOの強いほうが検索結果の上の方(上位)に表示されます。
基本、検索する人は検索結果を上から下に見ていくので、同じ内容の記事でも検索結果の上にある方にアクセスすることになります。

検索結果の上に表示されるほど有利

検索結果の上に表示されるほど有利

つまり、検索結果からのアクセスを増やしたいならSEOを強くする必要があります。SEOを強くするにはSEO対策が必要ということです。

アクセスアップしていくためのSEO対策

なぜSEO対策が必要なのか分かったところで、SEO対策の具体的な方法を紹介します。

独自ドメインにする

ドメイン(URLの主部分)は独自ドメインであるものと、そうではないものに分かれます。独自ドメインを言葉で説明するのは難しいので、例を挙げて説明すると以下のようになります。

独自ドメインの例→短い・自分だけのドメイン

  • 学学.jp
  • example.com

独自ドメインでないもの(サブドメイン)の例→長い・後ろの部分は他のドメインと共用

  • allstudents.wp.xdomain.jp
  • abc.example.com

以前、私はサーバー会社から、無料で貰った独自ドメインでないもの(サブドメイン)を使っていました。
しかし、そのサブドメインは独自ドメインよりもSEOに弱いといわれているので、思い切って独自ドメインに変えました。(詳しくは以下の記事に載せています)

ドメイン移行に興味がある人必見!!URLを学学.jpに変更しました
学生による学生のためのページでドメインをhttp://allstudents.wp.xdomain.jp/からhttp://学学.jp/へと変えました。ドメイン移行に至った経緯やワードプレスのドメイン移行の方法などドメイン移行に興味のある方なら絶対に読んでもらいたい記事です。

実際独自ドメインにしてから数週間が立った頃から、アクセスが徐々に増えていきました。変更前は月10000PVほどでしたが、変更後3ヶ月で1.5倍の15000PVほどに増えました

独自ドメインを取得するには多少お金は必要ですが、それ以上のSEO効果があると思います。なので、ブログが独自ドメインでない人は独自ドメインに変えることをおすすめします。

Google Search ConsoleとGoogle Analyticsに登録する

Google Search Console(Googleウェブマスターツール)は登録することで、サイトのSEOに関する役立つ情報を得ることができます。また、SEOに有利な操作を行うこともできます。
まだ登録していない方は、必ず登録しましょう。

どんなワードで検索されているのか分かる

どんなワードで検索されているのか分かる

Google Analyticsは無料のアクセス解析ツールです。ページビュー(アクセス)や訪問者数だけじゃなく、ユーザーの性別や年齢層などたくさんの情報を得ることができます。
私も、ここで得られる情報を元に前に書いた記事を修正したり、新しい記事を書くことも多いです。
こちらも、登録していない方は今すぐ登録しましょう。

男女別のアクセスも分かる

男女別のアクセスも分かる

SEO対策済みのワードプレステーマを使う

WordPress(ワードプレス)とは・・・オープンソース・無料で提供されている「ブログシステム」のソフトウェアのことです。

出典:WordPressとは?ワードプレスのインストール方法・使い方と、オススメの無料テーマ(テンプレート)・プラグイン紹介

私だけでなく多くのブロガーが利用しているワードプレスですが、さまざまなテーマがあります。その中でも、以下の条件を満たしている「SEO最適化済みのテーマ」を使用することをお勧めします。

SEO最適化済みのテーマの条件
  • HTML5が使用された適切な構造になっている。
  • モバイル表示に対応している
  • 適切なMETAタグが出力されている
  • シェア用OGPの設定やSNSボタンの設置が容易にできる
  • ページの表示が高速

SEO最適化済みのテーマを踏まえたうえで、私がおすすめするのはこの3つのテーマです。

このサイトではSimplicityを使っていますが、いろんなテーマを比較してみるとWpTHKやXeoryも良いです。特にWpTHKはページの表示の高速化のこともよく考えているテーマなので、とても興味があります。

ワードプレスのSEO対策プラグインを使う

ワードプレスには、インストールするだけで機能を追加することのできるプラグインというものがあります。SEO対策のために私が使用しているプラグインはこの3つです。

ワードプレスのSEO対策プラグインといえば、All in One SEO PackやYoast SEOが有名で、使っている方も多いと思います。それらは超多機能ですが、SEO最適化済みのテーマを使っていれば、ほとんどの機能は必要ありませんし、機能が多すぎて逆にサイトの表示を遅くしている場合もあります。

そこで多少宣伝にはなりますが、SEO対策プラグインには私のつくったH Speed WPをお勧めします。H Speed WPは復数の機能が集結した超高性能無料ワードプレスプラグインです。
そのH Speed WPのSEO機能は、設定はもちろん日本語で、不要な機能は削った他、初めの状態でそのまま使えるようになっているので初心者でも簡単にSEO最適化の設定ができるようになっています。
H Speed WPについての詳しくは以下のページを見てください。

ワードプレスのさまざまな問題を解消するH Speed WPというプラグインを作りました
高速化やセキュリティ、スパムコメントや記事のパクリやSEOなど、ワードプレスを使っている方なら誰もが問題になりますが、それらの問題を全て解決できるH Speed WPというプラグインをつくってみました。

PubSubHubbubは導入することで、ブログを更新したことをより早く検索エンジンに伝えることができるようになるプラグインです。
Google XML Sitemapsは検索エンジン向けのXMLサイトマップを作成し自動送信してくれるプラグインです。

2つとも、導入しておくとブログの更新してから検索エンジンに載るまでの時間を短縮することができるのでおすすめです。

参考 : Google XML Sitemapsの使い方

読み込み速度を高速化する

ページの読み込み速度が速いと、快適にサイトを見ることができるだけではなく、SEOにも良いとされています。逆に読み込み速度が遅いと、見る人をイライラさせるだけではなく、SEOにも悪影響があるとされています。

もし、あなたのページの読み込み速度が分からないという人は、GTmetrixなどのツールを使ってあなたのサイトの読み込み速度をチェックしてみてください。
もちろん読み込み速度は速ければ速いほど良いのですが、私的には、読み込み速度は3秒以内であれば良いかなと思います。

読み込み速度が遅い場合は表示を高速化させよう

読み込み速度が遅い場合は表示を高速化させよう

このサイトも以前は読み込み速度がかなり遅くて、15秒ほどかかる時もありました。今では以下のように様々な高速化をしたことで読み込み速度は改善することができています。

★私がした高速化のための方法★
  • 良いサーバーに引っ越し
  • ワードプレスプラグインの導入
    • W3 Total Cache(ページキャッシュプラグイン)
    • H Speed WP(100以上の高速化などの機能を持つ、私が開発したプラグイン)
    • 001 Prime Strategy Translate Accelerator(翻訳ファイルの読み込みをキャッシュ)
  • .htaccessでキャッシュや圧縮の設定

高速化のためにこれ以外にもたくさんのことを試みましたが、効果のあるものはあまりないです。上記の方法しておけば充分にサイトの表示速度高速化は可能だと思います。

1番のSEO対策はSEOに強い良い記事を書き続けること

ここまで、たくさんのSEO対策を紹介しました。それらもSEO対策には重要ですが、実は「SEOに強い良い記事を書き続けること」が最も重要です。

SEOに強い良い記事を書くことで、検索エンジンがその記事を評価して、検索結果の上のほうに載せてくれます。そうすることでたくさんの人がその記事を読みます。たくさんの人が読めば、そのうちの誰かがその記事をその人のサイトやSNSで紹介します。記事が紹介されれば、検索エンジンがさらに評価して、さらにアクセスが増えていきます。

こんな感じに、良い記事を書くことで良い循環サイクルがうまれて、さらにSEOを強くし、大幅なアクセスアップも狙えます。

では、SEOに強い良い記事を書くにはどうすればよいのでしょうか。
はっきりいって、その明確な答えはありません。ですが、SEOに強い良い記事を書くためには、その自分なりの答えを持っておくべきだと思います。
例えば、私はSEOに強い良い記事を書くために、こんなことを意識しています。

  • 2~3つキーワードを決め、タイトルや見出し、本文中にそれらのキーワードを使う
  • 読みたくなる・興味をもたせるようなタイトルにする
  • 見出しや画像や図・具体例・体験談などを取り入れて、読みやすく・分かりやすくする
  • 記事は最低1000文字で画像は1つ以上使う
  • できるだけ月に4回以上は更新

あと、私以外の答えとして以下の記事も参考になると思います。

繰り返すようですがどれが本当の答えなのかは分かりません。SEOに強い良い記事を書くための、あなたなりの答えを発見してみてください。

アクセスアップのためのSEO対策まとめ

私が50000PVを達成するまでに学んだ様々なことをいかして、アクセスアップのためのSEO対策を紹介してきましたがどうだったでしょうか。

アクセスアップのためにはSEO対策が必要なことやこの記事で紹介したSEO対策の方法は、あくまでも私の考えに過ぎません。ですから、この記事で紹介したものが本当に正しい方法なのかは分かりません。
ただ、私はこの方法で50000PVを達成しましたし、現時点ではこの方法がベストだと思っています。

アクセスアップへの道は険しいものですが、1歩ずつできることをしていけば、どんなに険しい道でも進んでいけます
険しい道を進む中でSEO対策は、自転車みたいなものです。つまり、SEO対策をすれば険しい道でも速く・楽に進むことができるということです。

アクセスアップしたい方はぜひSEO対策してみてください。

ご気軽にコメントをどうぞ

  1. 震電 より:

    5万PVおめでとうございます。
    結構初期から見させてもらってますがここまで到達するのも速いものなんですねぇ
    自分も一度サイトをたたんでしまいましたがまた新しいサイトを作る時に参考にします。
    あっちなみに名前変わりましたが元サックーです。

    • よくできる?学生 より:

      私も1年足らずで、ここまでたどり着けるとは思っていませんでした。
      今があるのも震電さん(サックーさん)のような、ずっと読んでくれている皆さんのおかげだと思います。本当に有難うございます。

      新しいサイト作るときには、この記事を是非参考にしてみたくださいね。

  2. メガまとめ より:

    絶対中学生じゃないだろ!でも応援します。
    私も頑張っています。
    http://megamatome.com