蛍光ペンならJUSTFITがおすすめ

ペン先がしなって書きやすくて綺麗に引ける!蛍光ペンならJUSTFITがおすすめ

いろいろな文房具を試しているよくできる?学生《@yokudekiru》です。

私の使っていた蛍光ペンが、インクもなくなってきていたので、JUSTFIT(ジャストフィット)という蛍光ペンを買ってみました。
それを実際に使ってみると、いままで私が試した蛍光ペンの中で最も書きやすく、定規なしでも綺麗に引くことができ、感動しました。

そこで、この記事では蛍光ペン「JUSTFIT」を詳しく紹介します。

蛍光ペンならJUSTFITがおすすめ

JUSTFITとは

JUSTFIT(ジャストフィット)は、大手文房具メーカーのZEBRAが発売している蛍光ペンです。

ジャストフィット

その特徴はなんといっても、ペン先がしなることです。しなることによって、ペン先が書く面にフィットして、綺麗な線を書くことができます。(詳しくは後ほど紹介します。)
これから、

JUSTFITを使ってみて、良いと感じたところ

私が蛍光ペンに求める条件が全て備わっている

私はできるだけ、下の3つの条件を満たしている蛍光ペンを買うようにしています。

  1. 1本に太い方と細い方の2種類のペン先があること
  2. にじまず、裏写りしないこと
  3. たくさんのカラーバリエーションがあること

残念ながら、これら全ての要件を満たしている蛍光ペンは多くはないです。裏写りしなくても1本に太い方だけしかないものや、カラーバリエーションが多くても裏写りしてしまうものも見かけます。
しかし、JUSTFITはこの3つの条件の全てを満たしています。

まず、JUSTFITには1本に細い方と太い方の2種類のペン先があります。それぞれ、私の使い方にあった丁度いい太さで、とても気に入ってます。

ジャストフィットのペン先は太い方と細い方の2つ

ペン先は太い方と細い方の2つ

その次に「にじまないか」ですが、にじんだり、インク溜まりしてしまう蛍光ペンも多いです。しかしJUSTFITは、ほとんどにじまず、インク溜まりもしません。
下記は、太い方と細い方のそれぞれ3色で普通に直線を引いてみた画像ですが、インクが均等にでていて、ほとんどにじまず、インク溜まりもなく書けていることがわかります。

JUSTFITは均等に引ける

JUSTFITの太い方と細い方でそれぞれ書いてみました

うすい紙ではさすがに裏写りしてしまいますが、ノートなどの紙ではほとんど裏に写りません。薄めの紙でも裏写りしない蛍光ペンもありますが、ノートで裏写りしなければ私的には十分です。

JUSTFITは裏写りしない

ノートでは、ほとんど裏写りしない

最後に、JUSTFITのバリエーションですが、オレンジ、ピンク、黄、緑、青の5色あります。どのカラーも蛍光ペンとしては一般的なカラーです。

蛍光ペンで5色というのは、決して多いわけではありませんが、どれも使いやすい色ですし、私は蛍光ペンを3色ほどしか使わないので5色あれば十分です。

薄めの色がちょうどよい

蛍光ペンは、色が濃すぎると目立ちすぎてしまいますし、目に悪いですし、引いた文字が見えづらくなってしまいます。だからといって、薄すぎると蛍光ペンを引いた部分が目立ちにくくなってしまいます。
蛍光ペンのコーナーに行くと、濃すぎず薄すぎずといった、ちょうど中間ぐらいのものをよく見かけます。しかし、それでも少し目立ち過ぎで引いた文字を見づらくしてしまうように感じます。なので、私的には中間の濃さでもちょっと濃すぎるような気がします。

JUSTFITは、普通の蛍光ペンよりも少し薄い感じなので、適度に目立って、引いたも文字も読みやすいです。また、ちょっと薄い感じはとてもきれいなで、JUSTFITを使うとノート全体が少し綺麗になったような感じがします。
下の画像では、普通の濃さの蛍光ペン(上)と比較してみましたが、JUSTFIT(下)のほうが薄いことがわかると思います。

JUSTFITは他の蛍光ペンと比べても、薄めで良い

上が普通の蛍光ペン、下がJUSTFIT

ペン先がしなる→良いことたくさん

はじめに紹介しましたが、JUSTFITの1番の特徴はペン先がしなることです。

JUSTFITはペン先がしなります

ペン先がしなります

なぜ、ペン先がしなるのかというと、普通の蛍光ペンのペン先のは通常のポリエチレンやアクリルなどの硬い素材が使われますが、 JUSTFITでは化粧品などにも使われる柔らかいナイロンが使われているからです。
また、先端がはけ状になっていて、しなりやすいようになっています。

JUSTFITはペン先がハケ状でしなりやすくなっています

ペン先がハケ状でしなりやすくなっています

ペン先がしなるメリットはたくさんありますが、1番のメリットはペン先が紙にピッタリとフィットすることだと思います。

JUSTFITを初めて使った瞬間驚いたのですが、ペン先がしなるので、かき心地がとてもスムーズで滑らかでした。
また、ペン先がフィットすることで、綺麗な線を引くことができます。私は、定規無しで蛍光ペンを使うことが多いのですが、それでもJUSTFITでは、直線に近い真っ直ぐな線を引くことができます。
他にも、辞書や新聞や参考書に書くときなど、曲面に蛍光ペンを引くことは意外と多いのですが、ペン先が硬い普通の蛍光ペンではうまく引けません。しかし、JUSTFITは書く面が曲面でもペン先が紙にフィットして、きれいな直線を引くことができます。

蛍光ペンならJUSTFITまとめ

いままで、いろんな蛍光ペンを試してきましたが、1本100円ほどで買えるものとしてはJUSTFITが一番良かったと思います。
スムーズでソフトな書き心地や綺麗な線が書けることなどは、他のどの蛍光ペンよりも優れていると思います。

いまのところ、JUSTFITの弱点は考えても全くでてきません。あえていえば、他の人気蛍光ペンと比べると売っている店が少ないような気がします。とはいうものの、大きい店やアマゾンなどの通販には売っているので全く問題ありません。

みなさんも、一度JUSTFITを使ってみて、その良さに驚いてみてください。